FC2ブログ

回復整体で生計を立てることをまじめに考えるひとたちのために

日本回復整体総合学院湘南校校長のブログです。日本全国に急速に普及する回復整体。整体ってほんとうに仕事として成り立つの?どうしたら開業からバンバン稼げるの?というギモンに真剣にお答えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整体独立 私のカイロ学校選択記

ブログランキングに参加してます。
お立ち寄り記念に
ぽちっとお願いします!

rrank

結果的に私の学校選びに関しては、

「いい勉強になりました」
というには高すぎた代償を払ったわけです。


今思えば、カイロ学校を選ぶときには、
ウェブサイト、専門誌、関連書籍を調べ、
自分なりの基準で絞り込んでいきました。

その基準とは

1. 少人数制
2. 講義カリキュラム
3. 講師数に占めるカイロドクター人数
4. 卒業生の活躍度
5. 授業料
6. 学校の雰囲気
7. 解剖実習が日本で行われること
といった、あまり明確ではないシロモノでした。

今思えば、
1. 少人数制と不人気とでは区別がつかない
2. カイロなのに整体や電気医療機器の講義があった。
⇒独立後、多岐にわたる手技を持てば、リスクヘッジになる、と思っていた。
しかし、今思うと技術への自信と集客への不安が隠れていた気がしてならない。
3. カイロドクターはアメリカ人の方で研究熱心な方。技術も確かで、体の不調をたびたび改善してくれた。
4. 卒業生は廃業率ゼロということばに惹かれたが、開業率には無頓着だったのが事実。開業者の顔ぶれをみると、一部優れた技術の方のみが開業にたどり着いていたよう。
5. 授業料・・・・これは良心的だった
6. 皆真面目な人たちで、いい雰囲気だった
7. 国内で解剖実習ができるのは、旅費も抑えられ金銭負担の点からもいいことだった。
以上、自分の選択基準に見合った学校選びだったか・・・・というと、評価もまだら模様
        
こころのどこかに、
学校でたら経験をつまないといけない。
学校で学ぶこともさることながら、
卒業後に学ぶことがもっとも大事。
だから多少の学校への不満も
大きな問題ではないはずだ、

と考えていました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kaifukushonan.blog15.fc2.com/tb.php/12-e60e201d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。