FC2ブログ

回復整体で生計を立てることをまじめに考えるひとたちのために

日本回復整体総合学院湘南校校長のブログです。日本全国に急速に普及する回復整体。整体ってほんとうに仕事として成り立つの?どうしたら開業からバンバン稼げるの?というギモンに真剣にお答えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整体独立 ABS・・・違った角度からもいい感じ!

ブログランキングに参加してます。
お立ち寄り記念に
ぽちっとお願いします!

rrank


          この時点で眉につばをすることは
          ほとんど止めてしまいました。
    
          良く考えてみたわけです。

          施術をすること。
          誰にも助けてもらえない行為。
          いつまでたっても終わらないまなび。

          動かないことには
          何も生まれない。

          もう考えるのは止めよう。


          校長の言葉も後押ししてくれました。

          キャリアカウンセリングの資格を持っていた私は
          企業人事担当、人事コンサルタント、ビジネススクール教授などの
          最新の動向に触れる機会に恵まれていました。

          そこでは

          「自立した個人」
          「会社に頼らず、頼られる人材」
          「大学卒はダブルメジャー(専攻を2つ以上もつ)。
           キャリアはダブルラダー(2つのはしご=
            キャリアの道を2つ以上もつべき」
          といった考え方に私自身が共感してました。

          整体師/学校の経営者にとどまらならい
          校長の考え方の広さや深さに感動したわけです。
スポンサーサイト

整体独立 うまい話すぎるか

ブログランキングに参加してます。
お立ち寄り記念に
ぽちっとお願いします!

rrank


さて、今、
てもとに2008年度版の
カイロや整体学校のガイドブックがあります。
学校選びの基準、とサブタイトルがついています。

どんな学校の種類があるか、
何年かかるか、
いくらお金がかかるか、
どんな資格を得ることができるか、
そして定型の学校紹介。

学校選びの基準はほとんど提示されず、
気になる学校をリストアップするだけにしても心細い内容。
不動産情報誌じゃないんだから!!

これでは、中年の焦りはまるで解消できない。

要は、
「卒業後即座に開業できるような、
 奇跡みたいな学校はあるのだろうか」
というギモンには
情報誌は答えられない。

広告を頼るしかないのですね。

そこで気になる学校のホームページやら
体験会をチェックするわけです。

わたしもカイロ学校のあと、
ABSを含め数校体験しました。
責任者の方ともお話しました。
そこでは、
学校卒業後については、
言葉をにごす、
うやむやにする肩透かし派か、
とにかく練習と実践という実直派に分かれてました。

ABSは??

すでに私のABS体験記<施術効果編>はお伝えしました。

実はABS体験記<校長との会話編>は
まだお伝えしてませんでしたね。

校長は

「今日から、
 または、帰宅した明日から開業できる技術です」

「術者や不調者への負担が少ないので
 1日にたくさんの方を施術できますから
 実践回数が他の整体にくらべ格段に多いです」

「午前中の施術だけでも
 普通の整体の1日の整体数を上回ります。
 午後からはあなたのやりたいことができるのです。
 2つの収入の柱があることは、すばらしいことです」

などなど、
私のもやもやを吹き飛ばす
ストレートで明確な言葉群。

うまい話すぎはしないか、
とおもいつつも
これほど響いたことは今までになかったですね。

学校選びで。

整体独立 ABS(回復整体総合学院)とよのなか基準

ブログランキングに参加してます。
お立ち寄り記念に
ぽちっとお願いします!

rrank


学校で学ぶことは、きっかけに過ぎない。
どれほど実践して、血肉になる経験をつむか。

本当にそうだとおもいます。

どんな経験をするか。

社会人になりたてのころを思い出します。

実習というカタチで
現場に出て、先輩に指導を受けながら
場に慣れ、智恵を蓄えていく。

まるでひな鳥の巣立ちのように、
会社での保護者・・・・上司や先輩が
一人前になるまで守り育ててくれた。

実習生という名札や腕章をつけていれば
「不慣れな点や失敗は多めにみてあげよう」
とおもいますから。

カイロ学校を出ても同じ。
ある程度の力量を持つまでは
自分の足で歩いてはいけない。

会社員生活が長かったので
学校⇒修行⇒一人前⇒(独立?)というパターンに
疑いのキモチはありませんでした。

学校なんてきっかけ程度。
          
よのなか独り立ちするまでは
どんな業界でも
この過程を経なくてはならない。

それもかなりの時間をかけて・・・・

この当たり前な現状を受け入れるしかないのかな・・・
とくに整体などの療術では
より長い修行が必要なのか、、、、、
しょうがないけど、
遅くに独立して
気がついたらもう体が言うことを利かなくなっていた、
自分が施術を受ける立場になっていた

そんなのいやだけど、
それしかないのか・・・・・

独立を目指す中年の焦り。
もちろん、現実との妥協の必要性も感じていました。

ABSに出会うまでは釈然としないキモチが続いてました。

整体独立 私のカイロ学校選択記

ブログランキングに参加してます。
お立ち寄り記念に
ぽちっとお願いします!

rrank

結果的に私の学校選びに関しては、

「いい勉強になりました」
というには高すぎた代償を払ったわけです。


今思えば、カイロ学校を選ぶときには、
ウェブサイト、専門誌、関連書籍を調べ、
自分なりの基準で絞り込んでいきました。

その基準とは

1. 少人数制
2. 講義カリキュラム
3. 講師数に占めるカイロドクター人数
4. 卒業生の活躍度
5. 授業料
6. 学校の雰囲気
7. 解剖実習が日本で行われること
といった、あまり明確ではないシロモノでした。

今思えば、
1. 少人数制と不人気とでは区別がつかない
2. カイロなのに整体や電気医療機器の講義があった。
⇒独立後、多岐にわたる手技を持てば、リスクヘッジになる、と思っていた。
しかし、今思うと技術への自信と集客への不安が隠れていた気がしてならない。
3. カイロドクターはアメリカ人の方で研究熱心な方。技術も確かで、体の不調をたびたび改善してくれた。
4. 卒業生は廃業率ゼロということばに惹かれたが、開業率には無頓着だったのが事実。開業者の顔ぶれをみると、一部優れた技術の方のみが開業にたどり着いていたよう。
5. 授業料・・・・これは良心的だった
6. 皆真面目な人たちで、いい雰囲気だった
7. 国内で解剖実習ができるのは、旅費も抑えられ金銭負担の点からもいいことだった。
以上、自分の選択基準に見合った学校選びだったか・・・・というと、評価もまだら模様
        
こころのどこかに、
学校でたら経験をつまないといけない。
学校で学ぶこともさることながら、
卒業後に学ぶことがもっとも大事。
だから多少の学校への不満も
大きな問題ではないはずだ、

と考えていました。

整体独立 なにかが違う・・・それは

ブログランキングに参加してます。
お立ち寄り記念に
ぽちっとお願いします!

rrank



今思えば、織田先生と加賀谷先生、
当時の経営状態や手法について
悩みに悩んで藁にもすがるキモチで
ABSで学んでいたのだと思います。

でも、そんな様子をおくびにも出さなかった二人。
  
ランチでは淡々とはっきりと
ABSのすばらしさを語ってました。

ハラが決まった人間だからこそなんでしょう。

考えれば、どの学校にも真面目に学ぶ人はいました。
将来のビジョンを持つ人もいました。

ただし、将来の成功に自信を持ってキラキラしていたのは
ABSで学ぶ人だけだったことを強く感じてました。

どこかが違う。
ABSの技術とその他の教育プログラムが
我々に何かをもたらしてくれる・・・・・

理屈屋が直感で判断した瞬間でした。
           

整体独立 生徒が自信ありげ

ブログランキングに参加してます。
お立ち寄り記念に
ぽちっとお願いします!

rrank


そんなとき、思い出しました。

1日セミナーの隣の会場
というよりも隣の部屋で学んでいた
達人コース0期・1期の先生方のことを。

まずは、吉田綾香先生。

1日セミナー当日に私に施術してくれました。

腰にハリがあった私ですが
丁寧に扱ってくれてからだが楽になったことを覚えてます。

それよりもなによりも、
吉田綾香先生は、カイロで開業していながら、
その技を捨てABSに入学。

私に施術をしてくれたのは
入校10日目だったとか。

驚いたし、自分自身にも加速成長の可能性アリ、
と 直感しました。

また、セミナーのお昼休みに
ランチをご一緒させてもらった2人の先輩達。

今思い起こせば縁があったのですね、

腰痛救済ネットの
織田先生と加賀谷先生だったんです。

お二人とも、
ABSや回復法に自信と信頼を置いてました。

整体独立 回復法、すごい、どうするいままでの学校

ブログランキングに参加してます。
お立ち寄り記念に
ぽちっとお願いします!

rrank



母が改善したことにはかなり驚きました。

カイロ技術やその他自然療法
でも改善できなかったんですから。
(未熟ではありましたが、
ABSで1日で学んだ以上には
日々練習してました・・・笑)

それもたった1日で。

「おいおい、この調子では、学校を卒業して即開業、
即稼げる、ってことかぁ??」
  と思ったのは事実。

でもね、母親1人だけでしょ。
よくなったのは。
他にも改善例がなくては、いまひとつ自信が持てない。

そこで数人の友人に私の技術を受けてもらったのです。

   結果は?

あまりヒドイ痛みがない人たちだったので
母ほどの反応(改善)はなかったのです。
(下手なだけだったのですが・・・)

悩みましたね、正直。

ABSからは達人コース案内が送られてくるし、
講師の村松先生からも電話が入る
(開校当初のABSの講師先生は
  今と違って時間があったようです、ハイ・・・・笑)

お金もない。

退職していたから
金を貸してくれる銀行もない。

ああ、どうしよう。

整体独立 あなたの整体転機を強力に後押し

ブログランキングに参加してます。
お立ち寄り記念に
ぽちっとお願いします!

rrank



チャリティ収益贈呈



私は人口3万の町で
一年前に開業しました。

この1年で
延べ4000名を施術。

いろいろ計算すると
この地域の20世帯に1世帯は
回復法を経験していることに!!



年初のチャリティー姿勢チェックに始まり
施術の合間には
各地域で開催されている老人会で
健康講座のドサまわり。
週末には
回復法をベースにした
ストレッチ教室も行っています。

そこで
ちいさな町で
数ある整体院を尻目に
開業からダッシュをかけたい!
お世話になっている町に
何らかの貢献がしたい!

そんな方に朗報です。

このたび
新年1月27日(日)に
当施術所にて
整体・社会起業家セミナーを開催します。

人々を魅了する回復法の体験はもとより

1.ゼロからはじめる整体院経営のヒント
2.整体というキャリアについて
  実態ならびにアドバイス
3.社会との深い結びつきを
  どう得て、もとめられる立場となるのか

をざっくばらんにお話したいと思います。

小さな町で
地域に根ざして
地域の健康のリーダーとして活動する。

社会貢献と同時に
自らの働く姿・背中を子達に見せたい方

是非ご参加ください。
本気の方にとってこの機会は
おどろきのターニングポイントになるでしょう。

セミナーにご参加希望の方は
以下にご記入の上
info@k-kaifuku.com
まで。詳細を追って返答いたします。
締め切りは2008年1月27日(日)。10時~12時
参加費用10,000円(ランチ込み)

+++++++++++++++++++
・氏名
・ふりがな
・生年月日
・職業
・参加動機
++++++++++++++++++++

整体独立 ワンデーセミナー

ブログランキングに参加してます。
お立ち寄り記念に
ぽちっとお願いします!

rrank


    
30年来の腰痛に悩まされていた母。

それがたった1日のセミナーで得たスキルで
大幅に痛みが改善!

念のため、正確に書きます。

      60歳だった母は、
      10歳のときに幅跳びの着地に失敗。  
      腰の骨を折りました。

      数ヶ月にわたるギブス生活を送ったものの
      その後痛みは取れたそうです。

       しかし出産を境に状況は悪化。
       痛みをごまかしながら生活してきましたが、
       55歳あたりから歩くのが厳しくなり、             
       整形外科に通う以外は家に閉じこもってました。

・・・・・・・・

結局整形外科での成果はなく  
ウン十万円もする治療器具を購入し、
最初は調子が良かったものの
いつの日にか逆に痛みが増してきて、
八方ふさがりの状態でした。

かなりあきらめのキモチが
心を覆っていたようです。

私は覚えた技術を毎日のように母に施術しました。

治療器具と違い、
母は、日に日に改善を感じ取っていました。

整体独立 ABSって??あのブログか!

ブログランキングに参加してます。
お立ち寄り記念に
ぽちっとお願いします!

rrank

「そういえば、このABS(現日本回復整体総合学院)ってどうなの?」

天の声は、家内の口を借りて聞こえてきました。
実は当時、からだの学校ブログがなくなり
ABS/アカデミーボディスクールとして
ホームページが出来上がっていました。

いったいいつの日からでしょうか?

私はあまり意識せず、
そのABSのウェブサイトを
自宅のパソコンのインターネットブラウザの
「ホーム」に登録していたのです。

我が家でインターネットが立ち上がるたびに
小森校長の影絵をモチーフにした
ウェブサイトが現れる。

それを見て家内が
冒頭のように私に声をかけたのでした。

私は、以前覚えた違和感が、
ポジティブなものであってほしい!
と、半ば祈りながらウェブサイトを覗き込んだわけです。

「1日セミナーがあるらしい」と私。
「行って来たら」と家内。

「たった1日で何ができるのかな」
と相変わらず心底信じきれずに
ついに当日となり、セミナー会場へ。

参加者2名に講師2名。
手取り足取りの指導には、
かなり感動しました。

今思えば、現在のABSセミナーの熱い指導は
ここにあったのかな、と思えます。

もちろん、結果も出ちゃいました。

セミナーを終え、帰宅するとその場で
30年来の腰痛に苦しむ母に施術。

なああんと、痛みが大幅に薄らいだのです。

カイロでもその次の学校の手技でも
母は練習台にはなってくれましたが、
芳しい成果はなかったのに・・・・

ああ、あの強気のブログは
ほんとうだったんだなぁ。

整体独立 セラピストとしての独立計画が暗礁に

ブログランキングに参加してます。
お立ち寄り記念に
ぽちっとお願いします!

rrank

入学したその学校は
とにかくすばらしかった。
先生はカリスマ。

しっかりと教えてくれる。
技術も論理も最先端。

私は浮かれてました。

「2年後には学校卒業して、
半年ぐらいインターンして
それから地元で開業だぁ。」

といった調子で浮かれていました。

18年つとめた会社も辞めて
退職金でインターン終了までの
2年半を食いつなぐ計画まで立てて。

すべてはシナリオどおりだったはずでしたが。。。。

シナリオが狂いました。

学んでいた技術や理論が
あまりに広く深く先生個人に帰属していたため
2年やそこいらでは
開業なんてアリエナイ、ってことが判明したのです。

頭を抱えました。

恐る恐る家内に伝えました。

家内はそれでも
2年半で独立できる数少ない可能性に
賭けてくれました。

家内に感謝しながら
「死に物狂いでがんばろう。。。」
と思っていたところに、運命の天の一声が・・・・・

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。